約半月が経過した頃に、僕と泰菜ちゃんはホテルの中でした。
たっぷりじっくりと、オナニー鑑賞で見せ合った間柄です。
お互いの肉体を求めあう気持ちが、2人とも強くなりました。
オナニーだけでは我慢ができなくなるのが、男女の関係なのです。
同僚の川瀬が話していた通り、オフパコになったのです。
ホテルに到着したとき、僕は本気で感激モードに突入していました。
泰菜ちゃんは、見た目はまずまず。
肉体は肉感的で、直接見ると凄くエロチズム溢れるボディでした。
ショーパンでやってきたのですが、そのムチムチ太ももが美しくもエロい。
胸の膨らみが、強調されているかのようなトップス。
鼻息を荒くしながら、彼女の服を脱がせました。
テレビ電話で観ていた、美しくも卑猥な肉体が目の前に。
マン汁も溢れマン臭が漂ってくる。
僕の心をくすぐりまくっていました。
「通話でやったように、相互オナニーで軽く準備運動してみよう」
彼女は顔を赤くしてうつむきながら「はい」と、返事をくれました。

 

 目の前で異性のオナニーを見るなんて、初体験なんです。
彼女だって見せてくれないんです。
それなのに、全く関係を作っていない女性が僕の目の前でオナニーをしてくれました。
もちろん僕だって、イチモツをシコシコしているのを見せ、相手の気持ちをさらに盛り上げました。
その後2人は、強烈な絡み合い。
猛烈な喘ぎ声を聴きながら、彼女の中にマラを埋めて行けたのでした!

 

 出会い系って、本当に凄い場所だと感じるんです。
通話で、女性のオナニーを目の前で観られてしまって、熱く濡れた膣にも挿れられてしまうのですから。
セフレの第一号を手に入れた僕の野望は、まだまだ燃えさかっている状態。
次なる相手は、Jメールで知り合いました。
年齢は19歳。
女子大生の麻衣乃ちゃんです。

おすすめ定番サイト登録無料

オナニーを見せたがるオナ友を探すならココ!!